太陽光発電に切り替えると電気代が安くなる

パネルと設置場所の選定

ソーラーパネル

決定すれば作業は速やか

一戸建て住宅に住んでいるときに太陽光発電システムを導入する場合には専門の業者に相談することから始まります。太陽光発電パネルの設置を行ってもらい、家庭内で使えるように配線を依頼して、余った電気については売電できるようにするというのが基本的な作業です。基本的に工事内容が決まってしまえば住みながらでも半日もあれば工事は終えてもらえますが、それまでの準備には時間がかかります。その流れを押さえておくことが太陽光発電システムを設置するときには大切です。まず業者に相談するといくつのパネルをどこに設置するかを検討することになります。業者によっては扱っている太陽光発電パネルが数種類あって、導入コストや発電効率に違いがあるのでその比較検討も必要になることは念頭に置いておきましょう。実際には現場に来てもらって設置可能な場所を確認してもらって候補を絞り込みます。それぞれの場所について日照時間を概算してもらい、それに基いて年間でどの程度の発電量を見込むことができるかを試算するのが通常です。どこにどのパネルを設置すると費用対効果が高いかを考え、予算としてどの程度を準備するかに応じて設置枚数と設置場所を確定します。工事にかかる費用も含めた見積もりを出してもらい、納得できたら契約書にサインをすると予定した工事日に太陽光発電パネルを設置してもらえるというのが流れです。見積もりを取った時点で一度引き取ってもらって検討しておくと冷静な判断をすることができるでしょう。